年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、

年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。
そうなる理由として、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。
そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。
近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。
注意してください。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ