入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。
普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくという手段もあります。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ