無くなった歯をインプラントで補って

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。
注意してください。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ