歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多い

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
最近話題になることも多い治療法であるインプラント。
ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。
高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ