抜歯した場合の選択

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けることも十分あり得ます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ