重要な確認事項として、インプラント治療を始める前

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ