インプラントは決して虫歯になりませんが、

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ