どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことが

どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。MRI検査への影響はありません。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
トータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ