どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わ

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
急患でも診療を受けることが必要です。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ