いろいろな事情からインプラント治療を始め

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。
院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ