安易にインプラント治療を始めることはおすすめ

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。
それは本当のことではありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ