「インプラントのできる歯科医院」の記事一覧

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を

どうにもならない虫歯で、とうとう抜歯を迫られました。 隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、・・・

本体と顎の骨が結合するのを待たなければならない

インプラントの治療期間が他の歯の治療に比べて長い理由としては、歯の土台となるインプラント本体と顎の骨が結合するのを待たなければならないからです。 ソケットリフトなどの骨造成を行う場合には更に治療期間は長くなります。長い場・・・

たいていの場合複数本の手術となるケースが大半

インプラントは1本から手術できますが、たいていの場合複数本の手術となるケースが大半です。 高齢の方がインプラントを希望する場合が多く、なくなった歯が1本ではない場合が圧倒的に多数だからです。また、ほとんどの歯がなくなって・・・

全幅の信頼を寄せられる歯医者さんを自分だけで探し当てる

インプラント手術のできる歯科医院は全体の約20%ほどしかありませんが、その中から全幅の信頼を寄せられる歯医者さんを自分だけで探し当てるのはこの上なく厳しいかもしれません。もしあなたが切にインプラントにしたいなら、まずはし・・・

骨の成長が止まる20歳前後から

インプラント治療を受けるのに、年齢制限の上限はありません。 骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。 ただ、年齢的には問題はなくても健康状態・・・

歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多い

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。 その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこう・・・

歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。 一方、インプラントは原理が全く異な・・・

抜歯した場合の選択

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。 虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。 抜歯した・・・

インプラント手術を行っている歯科医院は全体の約2

インプラント手術を行っている歯科医院は全体の約2割程度しかありませんが、その中から全幅の信頼を寄せられる歯医者さんを独力で探すのは困難を極めるかもしれません。 もしあなたが本気でインプラントの名医を探したいなら、今すぐか・・・

インプラント治療に、年齢制限の上限はありま

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。 逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳以上の高齢者もインプラント手術を受けられているようです。ただ、年齢的には問題はなくても健康状態によっ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ